工事不要のWifiとは

Wifiの定額料金について

Wifiは、無線LANのうちアライアンスという認定機関が認めたものです。

したがって、Wifiと呼ばれる機器の方は、相互接続性が保証された良品と言えます。インターネット黎明期の時代はwindows95が発売された頃であり、有線LANでさえ、パソコンに基本搭載されていなかったため、無線LANは名前も存在も全く知られていませんでした。その後、windowsの後継でwebブラウザが基本搭載され、時期をあわせてパソコンにもインターネットへの接続で必要な有線LANが基本搭載されるようになります。

この頃はインターネットへモデムで接続していて、電話代が使った分だけかかったため、今の定額性とは比較にならない費用がかかりました。このままではインターネットが普及しないと考え、その後、定額制が浸透するようになります。今では、インターネットは光回線でもadslでも定額制でプロバイダ料金も全て定額制です。これは大手3社の競争や政府の努力で実現しています。

無線LANもしばらくして登場し、徐々に有線の立場を逆転し、今では自宅に必ずある存在となりました。ただ、パソコンは外出先で使おうとすると公衆無線LANを使うしかありません。スポットがないと使えないため、スマートフォンの使い勝手に敵いません。そこで、民泊Wifiのような外出先でパソコンを使えるようにする定額制のプランが発売されます。もともとは外国人旅行客向けだったようですが、日本人の用途にもはまるため、人気がでています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *